HY703G-3 電磁波測定器[3磁界]

●測定方式…マグネチックコイル
●測定範囲…38m〜11V/m
●表示分解能…0.1mV/m、0.1μA/m、0.001μW/m2、0.001μW/cm2
●測定周波数…300M〜10GHz
●磁界軸…X・Y・Z3磁界軸
●機能…ON/HYFアラーム設定、最大・平均値ホールド、オートパワーオフ、ローバッテリー表示、データ記録(200件)
●ディスプレイ…3.75桁LCD、最大読取値:3,999
●サンプリング…3.5回/秒
●使用環境…0〜50℃、80%RH以下(結露なきこと)
●電源…9V電池(006P)×1個
●電池寿命…約50時間
●サイズ…80(W)×77(D)×380(H)mm
●重量…180g
●付属品…携帯ケース
●X・Y・Zの3軸の異方性センサーで電磁波を測定します。
●携帯電話、電源線、家電(TV、ビデオ)、コンピュータ、工業電子機器などから発生する電磁波放射測定に。
●手動で200件のデータメモリーが可能です。
●過負荷検知”OL”表示機能付き。
●ON/HYFアラーム設定機能付き。
●オートパワーオフ設定機能付き(0〜99分)。
●用途・盗聴器、隠しカメラの調査・発見・携帯電話、電子レンジなどのマイクロ波の測定・無線LAN設定工事・高周波(RF)の電磁波場強度測定・携帯電話基地局アンテナの放射電力漏洩測定
 
「その他」
 
外為どっとコム、オリックス証券、イトレード証券、マネックスビンズ証券、松井証券、楽天証券、ライブドア証券。ここで比較してもらいたいところは、まず「最低証拠金保証金」です。この額が、自己資金に見合。
 
たとえば「ロングポジション」は買ってもっている状態だということになります。投資家たちがどのポジションをもっているかを知ることによって将来の値動きがわかるケースがあるのです。
 
国内経済に不安を感じた場合、投資初心者がまず考えるのは外貨預金や外貨建てMMFなどだろう。だが結論から言うと、外貨預金も外貨建てMMFも、為替手数料がお話にならないほど高すぎる。
 
サポート、レジスタンスとして、多くの投資家が意識しているということですから、ブレイクしたときの動きも大きくなることが期待できます。この3通貨を組み合わせた通貨ペアはもちろんターゲットになります。

HY703G-3

HY703G-3 電磁波測定器[3磁界] (HY703G-3)

定価(税込)
¥57,780
販売価格(税込)
¥57,780
在庫状態 : 在庫有り
数量